創作


 今日おもしろい番組があった。島田伸介が司会で、いくつかの奇妙な出来事を紹介し、その理由を回答者に考えさせるというもの。ほかのことをやりながら、それも途中からだったので、詳しくはメモしなかったけど、たとえばこんなもの。
 南米のエクアドルで、ある子供がオタマジャクシを部屋の机の上で飼っていたが、朝起きると2m離れたところにいるという。その場所は、中央に水をためることのできる植物の、その水たまりのなか。何匹もいたがすべて、それぞれが何本かのその植物のなかにいたという。机の上には水が滴った跡がある。どうしてかというもの。
 ほかにも練馬区の広報を流す街角のスピーカーから、青森の放送が流れたという。なぜかなどなど。

“創作” の続きを読む

不良中年


 つい最近、中学校時代の友達とワイワイ飲んでて、酒の勢いで「不良中年」のサイトを立ち上げようってな話が冗談半分で出た。けしからん話なども含めて、サイトの内容を酒の肴にして夜は更けていったんだけど。この不良中年という言葉にはなにか魅力を感じる。

“不良中年” の続きを読む

安請け合い


 今日、知り合いの県の医師会報を担当している先生から、原稿を書いてくれと連絡があった。なんでも二人分の原稿を取ってこなくてはならないらしく何件か依頼してみたが、断られたとのこと。その先生は、違う市に住んでおられ、勉強会などでよくご一緒して親交を頂いている。鹿児島の錦江湾遠泳大会などにも出ておられ、ボクより随分と先輩なんだけど、なにかと意見が合い、先生からも気に入ってもらっていると思っている。

“安請け合い” の続きを読む

シー


 昨日のスタッフの話。友達がデズニーシーに行ったときのこと。なにかの乗り物に乗って地底の水族館みたいなところを進んでいたら、急に地上に出てジェットコースターになってびっくりしたという。
 回りのスタッフの方々は、へぇーって驚いておられたんだけど、そば耳を立てていたボクはなんとなく不思議な気分で院長室へ。
 よーく考えたあと、友達との会話で起こったことはつぎのようなことだと想像した。

“シー” の続きを読む

ガム


 患者さんのことはメモしないように心がけているんだけど、ちょっと知り合いのお父上であり、守秘義務にも反しないだろうと思うのでありまして。

“ガム” の続きを読む

なぞなぞ


 ときどきスタッフに”なぞなそ”を出すことがある。あるメールマガジンからのもので、今日のようなお休みの日でも欠かさず、毎日送られてくる。
 たとえば今日の問題は「まばたきしてから光るのなーに?」ってなぐあい。ちなみに昨日のは
「使うと太って使わないと痩せるのなーに? 」で、今日の問題とともに「ふくろ」という昨日の答えが送られてくる。
 小学生でも考えられるような問題が中心で、たとえば「冷たいときは静かで熱いときはピーピー鳴くのなーに?
」なんてすぐ分かるようなものもある。まぁそういうのは除いて、ちょっと頭をひねらないと分からないようなものを、スタッフのみなさんと暇なときに考えているわけで。

“なぞなぞ” の続きを読む

走光性


 一昨日夜走っていたら、ランニング仲間の同じ人に全く離れた二つの地点で二度も会ってしまった。この街は夜になると明かりの灯るところが限られる。もちろんチラホラと輝きはあるのだけど、ランニングするとなると連続した明かりが欲しくなる。結局、駅周辺の商店街あたりを周回するか、河川敷に灯る一つの街灯を中心に走るか、バイパス沿いの街灯に沿って走るか、になる。

“走光性” の続きを読む

アンケート


 スタッフがTUTAYAに行ったときのこと。アンケート用紙があったので何気なく見たら全部当てはまらないのでちょっとがっがりしたという。
 DVD、カーナビ、デジカメ、衛星放送、インターネットををそれぞれ使っているかどうか、問うたものだったらしい。
 TUTAYAさんの販売戦略に則ったアンケートには違いないのだろうけど、やっぱり今風の道具だとは分かるだけに、かのスタッフの方は、持っていないのは時代遅れかなぁと思ったんだろうね。

“アンケート” の続きを読む

統計


 訳さなくてはならない英語の医学論文があり、ここ1週間、ひまがあれば目を通している。それに限らないのだけど、集団を扱った医学論文のなかで必ず出てくるのが、統計。χ2乗検定とかt-検定とかはなんとかついていけるのだけど、多変量解析とか cox hazard なんとかとかいうのになると、やろうとしていることはまぁ理解できるのだけど、具体的にどうするのかというともうお手上げ。論文なんかでも、統計ソフトを使ってやっているみたいだけど。

“統計” の続きを読む

千年の街


「千年の街」のキャッチフレーズで一時テーマパーク界をリードしたハウステンボスが倒産した。
 で、ハウステンボスにまつわる忘れられない思い出がある。ここのクリニックを開業してまもない頃、一泊二日の医師会旅行があり、まぁ顔を知ってもらおうとボクも参加した。10月のことで、マラソンシーズン真っ盛りのころ。2週後に、あるレースを控えていたので、ランニング用具を持っての参加。最初の日はハウステンボス内のなんとかいうりっぱなホテルで宴会があり、そのままそこに宿泊。翌朝酒が残っていたのだけど、気合い入れねばと、早くに起きてハウステンボスの中を何周も走り回った。
その練習が終わったときのこと。

“千年の街” の続きを読む