検索

最近気が付いたのだが、マイクロソフト社のプラットホームMNSで”院長室”を検索すると、有り難いことにトップ近くに表示される。でもGoogleでやると、かなり落ちた順位に位置している。
もちろん上位にあるのは気持ちがいいのだが、なぜこんなに差があるのだろう。
“検索” の続きを読む

ソース

英会話学習の教材のひとつに自前のサイトを使っている。といっても出版社の音声ソースを使い勝手がいいようにしているだけで、こんな感じだ。(これは主婦の友出版「英語の日常フレーズ6000」からの音声で、数年前、同社の許可を得てネットに上げている)
“ソース” の続きを読む

モバイルフレンドリー

2本の指で開いたり閉じたりして画面を拡大縮小する、いわゆるピンチアウト、ピンチインがある。自分の作ったいくつかのサイトも、確かにスマホで見ると、表示がとても小さくなっていたり、画面に入りきれず、ピンチアウトあるいインしたりしなくてはならない事態が生じてはいたが、個人的なサイトでもあり、それで事足りると思っていた。
“モバイルフレンドリー” の続きを読む

duckdukckgo

数か月前、サイトのアクセス数が千の単位で急激に上昇する現象があった。たまたま開いていたパソコンに新たにユーザー登録がされたとのメールがいくつも届いたから判明したものだ。
ハッキングされていると判断し、すぐに対処したのでサイトはなんとか難を免れ、その後、それを教訓に結構頻繁に状況を確認するようにしていたのだが、数日前にduckdukckgo.com というサイトからのアクセスが異常に増える事態が起こっていることに気づいた。
“duckdukckgo” の続きを読む

SNS

ウクライナの戦火を見てSNSの重要性を感じた。破壊される建物、当惑する人々など今そこにある危機をリアルタイムに伝える技術をあらためて認識したのだ。
これまで、まったくといっていいほど、SNSとは関わりのない生活だった。
だれか知らない人の行動を「なんとかナウ」で追ったり、「インスタ映え」する料理や景色を見るなどの行為をなんとなくしっくりしないものと受け止めていた。
“SNS” の続きを読む

小括

今年に入ってWordPress更新後、コントロールが効かなくなったことに端を発し、SSL化やgoogle search console を知り、それを頼りにこの院長室の整理整頓をやってきた。

その作業で、以前のメモはこのWordPressにきちんと収まったし、汚れっぱなしのタグもきれいになり、スマホ対応もそこそこできた。それでも結果が出ないようなので、そろそろ検索上位ランクへのシャドーボクシングはやめにする。なにをカウントしているのか分からないカウンターも取り外した。

気づくとメモの数は昨日で1600になっている。そのメモを読みながら、存命中に評価されたピカソの、青の時代、バラ色の時代、キュビズムの時代のように、アホの時代、バカ色の時代、頭にカビ棲むの時代と適当に名付けてくれればよい。

死後評価されたゴッホの、南仏の時代、サン=レミ時代にならって、生き仏の時代、タクサン=アワレミの時代と冗談を飛ばしてくれればよい。

息子らとカミさんが笑いながら、そんな風にたどってくれればそれで十分だ。

無題

この1週間はグーグル先生の「Google 検索での掲載順位を改善する」、警告というかアラームというか注意というか恫喝というか、とにかくその対策に追われる日々だった。英単語なら100個は、医学用語だった5つぐらいは覚えられただろう。

このサイトはスマホで見ると字が小さいらしい。だったら前ゾゾさんのように、気前よく全世界にハズキルーペでもを配ればいいではないか、と思ったが、きっとしないだろうとするどく察知した。

結局検索で生き延びるためにようやく土俵に乗ったような状態。
だれと戦っているのかわからないけど、シャドーボクシングしながらのメモは続く。