ネアンデルタール人

「ネアンデルタール人は私たちと交配した」を読んだ。
なにせ今年ノーベル医学賞を受賞したペーボさんの本だ。もし医者の集まりでペーボさんに会っても警備がきびしくなかなか近づけないかもしれない。でも警備員からつかみ出される前に「実験ノートと生活日誌を合わせたような本でしたね」の一言ぐらい声を掛けたいではないか。
“ネアンデルタール人” の続きを読む

無料

自分ではケチではないと思っている。その証拠に本を買うときはもちろんのこと、電車に乗るときやレストランで食事をしたときには少し高めでもちゃんとお金を払っている。

だがネットでの支払は慎重になる。たとえば英会話アプリなどお試しでインストールしても課金される段になってくると、そのサイトの価値と金額が天秤にかけられ、ほとんどの場合金額の方に傾き、ただちにアプリをアンインストールしてしまうのだ。
“無料” の続きを読む

なぞなぞ

あるオンライン英会話でときどき外人さんからレッスンを受けている。講師をいろいろ選ぶことができ、教材もいろいろ準備されているのだが、教材を選ぶのが面倒なので最近はフリートークにしている。
とはいえ何を話していいのか、結構悩んでしまう。

カミさんが院長の運動靴だけ下駄箱に無造作に放り投げていることをどう思うか相談しても相手も困るだろうし、どうしたものかと考えていたところ、アイデアが浮かんだ。

なぞなぞだ。
“なぞなぞ” の続きを読む

ループ処理

専門用語はあまり使わないようにしている。なぜなら専門用語をあまり知らないからだ。
ただループ処理という用語ぐらいは使ってもいいだろう

プログラミングでぐるぐる処理を回すときに使う言葉だ。
ここ2日間は、そのループをめぐって目がくるくる回る事態が生じていた。

クリニックのプログラムに少し手を加えたら、システムの一部が変な動きをし始めたのだ。
“ループ処理” の続きを読む

ある数学者

無限の概念が関与するゼータ関数がある。そこではこんな奇妙なことが成り立つ。

“1+2+3+4+…” = -1/12

酒の場で、ある数学者にあるこのことについて質問したことがある。
こうした式を日常的に触れ、通常の生活感覚との間に乖離はないのか、と。
“ある数学者” の続きを読む

ツイッター

日本では信じられないような突然で横暴な解雇が吹き荒れている。そこまで米国は労働者の権利は軽んじられているのかと、驚くばかりだ。

トップの意見に反するものは直ちに解雇、なんて自分とは異なる意見を持つものを強権的に抑え込もうとする独裁国家と同じ行為ではないか。

異論マスクなんて絶対におかしい。