シー


 昨日のスタッフの話。友達がデズニーシーに行ったときのこと。なにかの乗り物に乗って地底の水族館みたいなところを進んでいたら、急に地上に出てジェットコースターになってびっくりしたという。
 回りのスタッフの方々は、へぇーって驚いておられたんだけど、そば耳を立てていたボクはなんとなく不思議な気分で院長室へ。
 よーく考えたあと、友達との会話で起こったことはつぎのようなことだと想像した。


 友達は話をおもしろくするために、なんの乗り物か知らずに乗ったという言い回しをしたんじゃないだろうか。でなければ、友達が強調したかったのは、地上に飛び出したことにびっくりしたという点であって、スタッフがそれを聞き間違えたんじゃなかろうか。
 というのは、なんのアトラクションか知らずに乗り込むってことなんか、まずないんじゃないかと思うわけでして。
 で、ここはディズニーシー。地上に出てからは、宙返りはあるは、また地底に吸い込まれるは、高い塔に登ったかと思うと停止し、逆向きで進みはじめるはで、ようやく出発地点に戻ったときは、乗客はそれはもう、ヘロヘロ。
なかの強面の方が、係員に詰め寄り文句をいう。
「いくらなんでも、こりゃないだろう」
 係員いわく
「あとはどんな乗り物でもこわくありません。アトラクション名はアト、ラクショー」
 ぼこぼこにされたのは、いうまでもない。
ってなことで終わろうと思ったんだけど、どうも事情が違うことに気づいた。ディズニーシーのHPでアトラクションをみると、ひとつだけジョットコースターという名前がついたアトラクションがあるが、ほかはこんなの。
 シンドバッドセブンボォヤッジ、キャラバンカルセール、スカットルのスクーター、ジャンピングゼリーフィシュ、トランジットスチーマーライン、アクアトピア、フォートレスエクスプローション、クリスタルスカルの魔宮、センターオブジアース。
 名前だけでは想像すらできず、短い文の解説を読んでもよく分からない。それでもジョットコースター風な動きをするのかなと思わせるのも確かにあった。
 ということは、かの友達のいってたことは、まんまだったのかも。
 それにしても、こんな名前、孫を連れて行ったおじいちゃん、おばあちゃんなんかには、訳分からないよなぁ。それてとも入り口あたりにこんな看板でも掲げてあるのかしら。
 ここは、デズニーシー。70才は、出ずにしーてください、なんてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。