shanghai

NHKのラジオ英会話をときどき聞いている。講師は大西泰斗さん。学校で習ったのと、ちょっと違った表現で文法を説明する方だ。よく口にされるひとつが、「英語は配置の言葉」。

基本的に主語に続く単語があったらそれは動詞、みたいな感じだ。
“shanghai” の続きを読む

人体の細胞数

人体の細胞数はおおよそ60兆である。この数字、だれが調べたのか知らないが、と前置きし看護学校で生徒を前に口にした数字だ。

あらためて気になりその根拠をネットでを調べると、源流らしきものにたどり着いた。なんと大学入試の問題に出ているのだ。(https://tsuwamono.kenshinkan.net/way/pdf/14biology_02.pdf)
“人体の細胞数” の続きを読む

厚生労働省さま

「健康保険証の原則廃止を検討 マイナンバーカードとの一体化を促す」の記事が目にとまりました。
政府の骨太方針とのことですが、つまりは医療機関の窓口での受付が健康保険証でなくマイナンバーカードでしかできなくなる、ということでよろしいのでしょうか。
“厚生労働省さま” の続きを読む

老眼

コンタクトをして診療しているのだが、最近どうもディスプレイの文字がぼやけている。
滲んだフォントが自動インストールされているかと思ったが、顔を画面に近づけるとはっきり見えるので、どうやら違うようだ。
“老眼” の続きを読む

法要

今日、亡き母の3回忌法要を執り行った。こうした仏事には3回忌、7回忌、13回忌など奇数が関係しているという話をよく耳にする。
その理由についてざっとネットで拾っても「奇数は古代中国で聖数ということで縁起が良い」「偶数は、割れるから縁起が悪い」「仏教では三は吉祥を表し、(中略)アジア文化圏では奇数は陽数(吉兆の数)とされています」などいろいろヒットする。
“法要” の続きを読む

ウーバーイーツ

今日、我が家で初めてウーバーイーツを利用した。とくに問題もなくデリバーリーしてもらい、注文した料理をおいしくいただいたのだが、このウーバーをはじめ、プラットフォームを使った宅配システムには雇用関係の問題がある。
配達者はプラットフォームを提供する会社にやとわれているのか、それとも個人事業主なのか。
“ウーバーイーツ” の続きを読む

Dream it possible

数年前、ようやくスマホデビューしHuaweiのものを手にした。その端末に、プレインストールされてる音楽がある。
Dream it Possible という曲で、同社の公式ブランドソングということらしい。「夢よ叶え」とでも訳すのだろうか。
いいメロディだったので、検索するとMVもあり、眺めながら聴いていると自然と涙が出てきたのを思い出す。
“Dream it possible” の続きを読む

頭(かぶり)

クビを構成する骨、頸椎の配置は英語のCをビローンと延ばしたような少し前に傾いた状態が正常である。それが加齢やとくにスマホの普及による猫背での姿勢のためにCがまっすぐになったり(いわゆるストレートネック)、あるいは逆Cになり、肩こりなどの原因となる。
“頭(かぶり)” の続きを読む

終末時計

ニュース解説者の池上彰さんが昨日の昼の番組で終末時計を紹介していた。

核科学者らが動かしている仮想の時計で、なんでも今年3月時点で世界終末まであと100秒を示しているらしい。だが今さら、こんなのを持ち出されてもいまいちピンとこない。
“終末時計” の続きを読む