一票


 選挙で明日は投票日。朝から候補者の名前を繰り返しながら近くを選挙カーが行ったり来たりしてるんだけど、いったい名前を連呼することでどれだけ一票につながるのだろうかと思うわけで。
 あれはきっと支持者が集まっていろいろ動きまわるときの、景気づけなのだと思う。きっと戦国時代の大将がおおげさな格好をして座っているようなものと同じなんだろうな。あんなのは実戦ではまったく無意味で、ましてや大将が戦うような状況というのは敗北決定してるわけでしょ。まぁおまじないみたいのもあるかもしれなけど、強そうな格好するわけで一番大事なのは、やっぱ自陣の兵隊への景気づけなんだと思う。


 で、今の選挙の話。いっそのこと戦国時代の大将のように武具をつけてじっとすわっていた方がかえって話題になるし、運動員も気合いが入るんじゃなかろうか。
候補者「ほんとにこんな兜とかヨロイとかつけて座ってるだけでいいんですか」
参謀 「大将はドンとしてなくちゃいけないんです」
候補者「こんな格好が選挙に有利というデータなんかあるんですか」
参謀 「意表をつくという言葉があるでしょ」
候補者「はぁ?」
参謀 「清きいっひょうをつくわけ」
候補者「う、う、そうか。いっひょう気合いが入ってきた」
 まぁやっぱ、こんな事務所の運動員はすぐにいなくなるだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。