謝罪

常識からはずれた若者の行動はときに許されるものと考える。次の世代の新しい常識を担っていくのは彼らだからだ。
だが写真のような振る舞いはどうだろうか。記事はANANOVAからのものでヘタ訳してみた。

米国のティーンエイジャーが、卒業式の間、巨大なオチンチンのかぶりものを着てステージを横切ったことで彼の故郷へ謝罪するよう命じられている。サラトガスプリングス(ニューヨーク州)のカルビンモレット(19)は、自分がとった行動に対して地方紙で謝罪広告の代価を払わなければなくなった。モレットは1.8mのオチンチンのかぶりものを身につけて、サラトガ・パフォーミング・アーツ・センターの卒業式の真っ最中、ステージへ駆け上ったのだ。その後、スプレーを噴射するとひも状のものが出るおもちゃを使い5000人のなかの数人に吹きかけた、とオールバニー・タイムズ・ユニオン紙は伝えている。
またこの行動のビデオをYouTubeに投稿し、彼はグローバルな悪評を巻き起こしている。
彼は、24時間のコミュニティ・サービスを命じられ、さらに公序良俗に反する罪に問われ50ドルの支払いを命じられた。モレットは昨年、サラトガスプリングス高校を卒業している。

 記事の題は”Teen says sorry for penis stunt”となっている。penis stunt つまり、オチンチンの行動に若者は sorry 、すなわり申し訳ないと語っている、というような内容だ。
 彼の行動を不愉快きわまりないと思われる方がきっと圧倒的に多いに違く、個人的にもそう感じる。でもよく考えてみて欲しい。一体なにが不快なのか。
 大きな性器を祭ってある神社だっていくらでもある。それは不愉快でなく、一方彼の行動は不愉快というのはなぜなのだろう。
 場違いということなのか、それとも性の表現を公にすること自体問題なのだろうか。
 
 正直よく分からない。個人的にはそんなことより彼の謝罪の態度が気に入らないのだ。
 年を取ったせいか、最近あっちの方も元気がなくなってきた。
 だからかぶりものをした彼からこんな謝罪をされているかと思うと、きわめて不愉快になる。




ネタ元
ananova

3 Replies to “謝罪”

  1. おおっ!こりは?
    巨大なオチンチンの彼のカリが問題だったのか?

  2. お元気ですか
    院長室を覗きに来るたび巨大おチンチンに迎えられます
    これをトップに残したまま姿をくらますなんて・・・院長らしいです

  3. tamakitiさん>
    今夜はカりーライスでした。
    うめさん>
    雑用が片づきましたので、弱小ものですが、今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。