仕分け人-その3

ANANOVAより
~モントリオール大学の研究者が男性の性欲形成にポルノがどう影響するのか研究を開始した。20台のときにポルノ映画を見たか、あるいはその手のものを見なかったかの二つのグループに分けて研究しようとしたのだが、被験者は全員ポルノを見ていて、比較対照ができなかった。
 そのため研究の矛先を変え、彼らの行動について調べることにした。その結果、彼女のいない男性は週に3回、40分ほどポルノを見ていて、彼女のいる男性は週に1.7回、20分ほど見ていたことが分かった。~


 くだらないけど、おもしろそうな研究だ。せめてこのおやじが比較対照ができる貴重なサンプルとして参加していれば、研究も成り立ったろうに、という悔しい思いとともに、この国が事業仕分けで大騒ぎなこともあってか、こうした研究にはどれほどの助成金が出されるのだろうかと、ふと疑問がよぎった。
 調べてみるとモントリオール大学は私学のようだから直接国が口出しできないのかもしれないが、国から大学へなんらかの補助金が出され、それがこうした研究に流れていることは十分に推測される。
 もしカナダにも仕分け人がいたら、この研究は仕分けの対象になるのだろうか。
 とうことで考えてみたが、やっぱりくだらなそうな研究にしか思えない。最後の結論なんか、豆腐の角に頭をぶつけて死んだ人がいるか調べたが、いなかった、ってな感じにしか個人的は映らないのだが。
 そもそもこの研究は仕分けされる要因を内包していることを研究者は知っているのだろうか。





ネタ元
Sex study ruined by porn-loving men

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。