オシッコ


子供はオシッコが好きなのだろうか。
クルマに乗って坂道に差し掛かると上りでも下りでもどういうわけか、うちの双子らはそろって楽しそうにオシッコ、オシッコと叫び出す。とっても楽しそうなのでこちらも釣られてオシッコオシッコといってはみるが、さほど楽しくはない。
だがこの研究者たちは違うかもしれない。微生物燃料電池(Microbial Fuel Cells; MFC)を研究する英国の科学者たちだ。


この微生物燃料電池についてはとんと知識がないのだが、とにかく腐った果実や、刈り取った牧草やエビの殻や死んだハエよりオシッコの方が、窒素が含まれていたり、尿素や塩素やカリウム、ビリルビンなどが入っているので化学的活性が高いのだという。
いつの日か、音楽祭や野外活動でこのオシッコ電池が使われるようになることを心に描いているとネタ元の記事で研究者は語っている。
なるほど電源が引けそうにないところで使うわけか。これは便利そう。でぜひ実現させて欲しいものだ。
まだまだ研究は初期の段階にあるということで、今からいろんな試練が待ちかまえているだろう。だが研究者たちは果敢に進んで行くはずだ。山あり谷あり、その坂を上り下りするたびにオシッコオシッコと叫びながら突き進んでいく。
そしていつかはオシッコ電池を完成させるのだろうが、その前にいくつもの立ちふさがる問題に研究者たちは必ずや悩まされる。
あるときはもう研究そのものを放り出そうという気さえ起こるかもしれない。
だががんばって欲しい。遠い日本からあなたたちの姿を想像しながら応援しているからやり遂げて欲しい。
あなたたちはこんな姿でがんばっているんですね。





ネタ元
British researchers hope to turn urine into fuel

2 Replies to “オシッコ”

  1. ぎゃはははーっ!
    憔悴って字難しいもんね~。←ソウイウコッチャナイダロ。

  2. 「この罰アタリメ、小水でもくらえ」、なんていったらもうでたらめですね。エークソシストですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。