たてがみ


 昨日のNHKで、オスライオンのたてがみはなぜあるのかを検証する番組があった。初めの方に紹介する、首を守るためにたてがみはあるというダーウィンの説は実は違っていて、どうも謎を解く鍵は髪の色がポイントらしい、と話は進む。やがて実験を示し、メスはオスの黒い髪を好むということが明らかになる。その髪の色はテストステロンというオスのホルモンに支配されていて、結局それをいっぱい出していることを意味する黒髪を示すためにたてがみはあるんだというのが結論なんだけど。
 うーん、進化論のなかのこのいわゆる性淘汰圧というのは、いつ聞いてもなんとなくしっくりこない。


 なんで今どきの女の子は茶髪にするのか、という結論が、男は茶髪に惹かれるからといわれるようなもの。男が惹かれるのは、仮に分かるとして、じゃあなんで最初、髪を茶色にしたのという疑問には答えてないからね。堂々巡りの話になっているような気もする。
でも、そんなもんなんだよ、と諭してある本も読んだことがあるけど。
 まぁそれは置くとして、今日のメモは、やっぱりダーウィンって人はすごいなぁってこと。ライオンのたてがみが首を守るためだというお話は知らなかったんだけど、普通なんであるのかなんて考えないよねぇ。
 ボクが思いつくのは、顔の横にあるのになんで、たてがみなんだろうってことぐらい。
 あークリニックのQandAが進まない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。