八つ橋


 今日スタッフの方が、知人からもらったといって生八つ橋をもってきてくれた。けっこうこういう甘いのって好きなほうで、あっというまに三つもムシャムシャと食べてしまった。まぁ今日はあまりメモするようなこともないので、せっかくだからこの八つ橋の由来ぐらいをメモしておこうかと思って。

“八つ橋” の続きを読む

小道具


 今日、大沢在昌さんの「新宿鮫」というシリーズものの一つを読み終えた。優秀だが警察秩序に違和感を抱いている鮫島という刑事が、事件に立ち向かうお話。実は、2月の中旬、友人の先生から届けられたものの一冊で、院長室にはこの鮫さんたちが、ゆうに10冊以上泳ぎ回っている。きっとシリーズもの全部そろっているんじゃなかろうか。
 酒の場で、その先生が「おもしろいよ」といったのに対する「じゃあ読んでみよう」といったボクの返事に対するご厚意でして。
 まぁゆっくり読んでいこうと思うのですが、今日のメモは、そのなかに出てくる小道具にまつわることついて。

“小道具” の続きを読む

三コウ


 今日のNHKの囲碁番組のこと。昨年の4月に始まったトーナメントの決勝戦だったんだけど、見ててなにがなんだか分からなかった。対戦者とは別のプロ棋士が同時進行的に解説をするのだけど、早碁ということもあって、その解説者もしどろもどろってカンジでして。

“三コウ” の続きを読む

with


 今日CNNの番組で、WAR with IRAQ と題した討論があっていた。もちろんイラク戦争ということなのだけど、このwith なんとなく頭のなかで”一緒に”という訳が先行し、むしろ”なかよし”って印象があり、不思議な感じがした。じゃあ、なんという前置詞がぴったしなのかと考えたんだけど。

“with” の続きを読む

ネーミング


 不思議に思うんだけど、米軍が軍事作戦に名前を付けるのはなぜなんだろう。
 湾岸戦争のときは「砂漠の嵐」。今回は「イラクの自由」。湾岸戦争はイラクがクェートに侵攻し、その排除という目的がはっきりしてたので、やや戦争の悲惨さを隠すような、いわば映画風のネーミングでもよかったのだろうけど、今回はきっちりつけとかないと、兵士の間に「なんで行かなきゃいけないの」ってな雰囲気が漂うんだろうなぁ。
 小学校に赴任したばかりの新米先生。職員会議に血気盛んに臨んでいる。議題は「遠足」

“ネーミング” の続きを読む

組長


 またまたバカバカしいことが起ころうとしている。
 藪一家の組長、最近めちゃくちゃ気に入らないことがある。手塩にかけた布施組の組長がいうことをきかないのだ。それどころか、どうも藪組に抗争をしかけようという気配がある。そこで藪組自慢の白い家に一家の幹部たちが集まって相談の運びになったわけでして。

“組長” の続きを読む

SleepWalk


 15日のライブでのプレゼントのお礼を、かのANDYのBBSに書き込んだ。ついでにボクが写っている写真をどなたかお持ちじゃないかと問うたところ、奥さんが撮ったモノ、といってROCKIN’ COOL DADDYのベースの方からのメールが届いた。
 それがこれ。(ちょっと重いけど、ぜひ見てくだされ。間違い探しの要領で見てると、ボクが分かるはず)

“SleepWalk” の続きを読む

masolitude


 昨夜、北九州のANDYというライブハウスに行った。その日はロックをやると小耳にはさんでいたので、ハードロックっぽいのかなぁとか勝手に想像して楽しみにしていったのだけど、ブラスが入ったバンドでして。
 確かコルネット、トロンボーン、ギター、ベース、テナー、アルトサックスそれぞれ一本とペット2本、あとドラムとヴォーカルといった構成。こんなバンド構成なんというのか知らないけど、いわゆるビックバンド風の音作り。

“masolitude” の続きを読む

愚痴


 今日、スタッフの方がこうグチられた。
 血液型判断に凝っている方で、不思議なことに人を血液型で判断してしまう自分がイヤだそうで。なんとかならないかとボクに相談を持ちかけるほどなんだけど。
…きっともう少し状況を説明しないといけなそう。

“愚痴” の続きを読む