囲碁


今日NHKの囲碁番組を見ていてふと思い出したことがある。いつぞや日本棋院が音頭をとって「囲碁をオリンピックの正式種目に」というキャンペーンを張っていたが、あれはどうなったのだろう。
で、ネットで調べたらまだらしい。(ここあたりを参照。ブロックになっている日本語訳が右にあるが、上から13番目)チェスは正式種目と認定されているらしいのだが、ちょっと待ってよというのはボクだけじゃないと思う。


間違いなく働きかけている対象は、国際オリンピック委員会。オリンピックというのは勘違いでなければスポーツの祭典だよね。
まぁたしかになにがスポーツかというと、定義づけるのはむずかしいのかもしれない。囲碁だって心拍数上がるし、汗だってかく。射撃がスポーツなら囲碁だってスポーツのような気もするけど。
でもやっぱりちょっと違うような気がするよなぁ。
それともなにかの利権がらみなんだろうか。
そういえば、もう何十年も前に民放で、オリンピックの誘致合戦で金の電話をIOC委員に送ったりだの、そうとうな腐敗の状況を報道した特集番組があったなぁ。最近IOCの不祥事が報道されるまで、ボクの知る限りでは、あれから一切それに類似する報道はなかったみたいだけど。
ぐぐぐぐっと上から押さえつけられたのかなぁ。
で、I●●委員会の鼻の利くある委員は思いついた。ひょっとしたら日本あたりに囲碁をオリンピックにと働きかければ、利権がうまれるかもしれない。さっそく委員は、何語かしらないが、調査を命じる。任を受けたエージェントは数ヶ月後、彼を前にこう報告したのだ。
あなたのシサンはゴにあります
ジョークか冗句か分からないこのセリフは、もちろん委員には伝わらなかった。
日本語だもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。