ガラガラ山


年末年始にかけいくつかの奇妙な、ある意味恐怖体験をした。もしそれらがつながっているとすればこれは立派なホラー小説に仕立てられるほどのもので、もう少し冷静に事を考えてみたいのだが、そのうちの一つ二つをメモしておく。


大晦日をあるホテルで迎えていて、翌日の遠出の予定を考えてナビを部屋に持ち込んでいた。そのナビの調子がどうも悪いのだ。なんどやっても現在位置が福井県の居倉村になる。他のナビは知らないが手元にあるナビは車内でしか設定できないようになっている。それをネットで探した”裏技”で室内での使用を可能にしていたのだが、購入してから数年経ち、そんな扱いがナビの電圧でも狂わせたのだろうかとも思うのだが、そもそも居倉村なんてところに行ったことはなく、そんな場所があることさえ知らないのだ。
なんだか気味が悪くなる。少し前に起こった事態がそうした感情に拍車をかけていた。
ナビを扱う前にホテルの近くの店で年越しソバを口にしていた。そのとき老人が低い咳払いをするような、かといって赤子が泣くような声が聞こえるという経験をしていたのだ。周りには20人近くの客がいたが誰もその声に注意を払っていなかったし、声の方を見てもそんな声を出している様子の人が見えなかった。それも間を置いてなんども耳にする。それだけでも薄気味悪いが、きっとその辺りの客がこちらが気づかないうちに発したものだろうと解釈をして店を後にしていた。
でもそうでなかったのかもしれない。今回の旅の終わりにナビに翻弄され暗い夜道を走り回され、あるわけもない居倉村の標識を見てしまったからなおさらそう思う。
そんな経験をすれば誰しも居倉村を調べたくなるというものだろう。
「福井県 居倉」で検索すると-どうも市町村合併で居倉町になっているようだ-出てくるもののなかに火葬場の画像がある。ああ、山奥の集落では人はこんなところで最後を迎えるのかと感慨深くなる一方、なんだかホラーの流れに乗ってしまったようで嫌な気分になる。
そうはいってもどういう流れなのか、どうもはっきりつかめない。グーグル地図でもう一度「居倉町」を確かめてもよほどの山奥なのか近郊の集落の名前さえ出ないありさまだ。ただガラガラ山という奇妙な名前の山が目に入ってきた。そういえば最初ナビで見たときもこの山の名前があり、なんだか事態をある方向に引っ張るように感じたのを思い出した。
そこで「福井県 ガラガラ山」で検索する。いろいろやったがそれでもどうも納得するものがない。それではと同じ項目で画像検索すると気になる画像に出くわした。
著作権に触れるかもしれないが事の真相を明らかにするためあえて掲載させていただく。(母親と娘さんの顔はこちらでモザイクを入れている)



これを見てふと思い出した。随分前だが「身振り手振り」という題のメモをしたことがある。そのとき載せた画像の少年と似ているのだ。



事実はどうなのか、これがなにを意味するのか、分からないことだらけだが、とにかくホラー仕立ての物語が完成するまで居倉村のメモはしないでおこうと思う。本当に怖いし。


「身振り手振り」

3 Replies to “ガラガラ山”

  1. はじめまして
    自分のポータブルナビも同じ症状が出ます!
    どうもこのガラガラ山付近が「ゼロポイント」なのでナビの内蔵電池が切れると基準点として表示されるみたいです。キャンプ場もあってなかなか面白そうな山ですね~

  2. ゼロポイントだからガラガラ山なのでしょうか。うちのクリニックもときどき待合いがガラガラになります。

  3. 私、ガラガラ山近くの居倉町内に住んでいます。
    ガラガラ山の名前の由来は、岩や石がガラガラと沢山あるということから付けられたそうです。
    実際に、良質の岩や石が採取され、庭石に使われています。
    海岸沿いで、海が見えるキャンプ場になっています。
    田舎ですが、とても素敵な所です。
    機会がありましたら、ぜひお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。